ESET、G2夏季レポートで「Leader(リーダー)」に認定

デジタルセキュリティのグローバルリーダーであるESETは、G2レポート2022年夏季においてLeader(リーダー)に認定されたことを発表しました。ESET PROTECT AdvancedソリューションはG2のユーザーから継続的に高い評価を受けており、G2が提供しているGrid® Reportsにおいて、満足度と市場での存在感で高いスコアを獲得しています。Grid® Reportsは、実際のソフトウェアユーザーの声を集約し、製品比較や市場動向分析のベンチマークとして広く認知されています。

G2 Grid® Reports 夏季版では、アンチウイルスソフトウェアエンドポイント管理ソフトウェアエンドポイントプロテクションスイートモバイルデータセキュリティソフトウェアなどの複数のレポートでESETはLeaderに選ばれています。また、従業員数1,000人以下の企業を対象とした中規模市場向けレポートでは、ESETは中規模市場向けエンドポイントプロテクションスイート中規模市場向けアンチウイルスソフトウェア中規模市場向けエンドポイント管理ソフトウェアでリーダーを獲得しました。

ESETのSMBおよびMSPセグメント担当副社長であるMichal Jankechは次のように述べています。「G2 の複数のレポートにおいてLeaderに認定されたことを嬉しく思います。ESETは、組織のシステムを円滑かつ安全に稼働させるデジタルセキュリティを提供することを目的としており、ESETの継続的な取り組みが認められることは、常に名誉なことです。企業規模の大小にかかわらず、現在のビジネスは、IT侵害に直面した場合の効果的な対応なしには存続できません。ESETの強力な防御、検知、対応技術をモジューラーとして搭載しているESET PROTECTプラットフォームを採用することで、企業は業界で最も高密度で多層化された効果的な保護を実現できると信じています。」

ESETは30年以上にわたり、既知および未知の脅威による顧客のエンドポイントやシステムへの侵害を防ぐため、独自の多層技術に多大な投資を続けてきました。ESET PROTECTプラットフォームは、ESETの顧客を念頭に置いて設計されており、IT管理者が環境内のセキュリティリスクを効果的に管理できるように支援することを主な目的としています。

ESETは、技術に特化した非上場企業として、常に科学的根拠に基づくセキュリティ第一のアプローチを取ってきました。また、機械学習とクラウドコンピューティングをいち早く導入し、グローバルな脅威インテリジェンスシステムを開発しています。ESETはビジネスソリューションにおいて、継続的に業界のトッププレーヤー、リーダーとして名を連ねています。