ESET、NATOのサイバー防御演習Locked Shieldsに参加

次の事例へ
ESETは、2022年4月19日~22日にエストニアの首都タリンで開催された、世界最大規模の国際な実践形式のサイバー防御演習「Locked Shields(ロックト・シールズ)」にスロバキア・チェコチームの一員として参加しました。2010年以降、NATO Cooperative Cyber Defense Centre of Excellence(CCDCOE: NATOサイバー防衛協力センター)が毎年実施しているこの演習は6か月以上かけて準備され、加盟国全体のデジタル防衛を強化し、スキルをテストすることを目的に、加盟国のサイバー能力を評価します。参加者は各国の民間・軍事ITシステムおよび重要インフラを保護する能力を証明する機会となります。 Locked Shields 2022の演習では、約5,500の仮想システムに8,000以上の実践的な攻撃が展開されました。この演習は規模もさることながら、複雑さにおいてより重要性を持っています。参加チームは架空の国の重要インフラを保護する能力を証明するだけでなく、デジタル戦場の状況について詳細情報を報告し、戦略的決定やフォレンジック、法律、情報操作の課題を解決する有効性も証明しなければなりません。2022年の技術演習では、初めて中央銀行の準備金管理および金融メッセージシステムのシミュレーションも行われました。この演習では国際ITシステムの相互依存に重点が置かれました。 今年はNATO加盟国24か国を含む32か国から2,000人以上が参加しました。NATO加盟国一員として同演習に毎年参加しているスロバキア共和国は、今回チェコ共和国のサイバーセキュリティ専門家と共同で参加しました。演習には多く国から関心が寄せられたため、スロバキア・チェコ、リトアニア・ポーランド、エストニア・ジョージアのように、いくつかの国は合同チームで参加しました。 スロバキア・チェコチームは、軍隊、政府機関、そしてESETを含む民間企業の専門家によって結成されました。ESETのセキュリティ専門家は29人が演習に参加し、総合5位、フォレンジックとレポートの2つのカテゴリーではトップを獲得しました。 ESETは、スロバキアのこの活動に再び参加する機会を得たこと、そして同国にとって貴重なメンバーおよびパートナーであることを証明できたことを嬉しく思っています。スロバキア共和国のサイバーディフェンスセンターのディレクターは次のように述べています。「Locked Shields 2022において、今回もESETチームはその技術力を発揮し、スロバキア・チェコのブルーチームが非常に良い順位を達成することに貢献しました。ESET製品はインシデント検出の効率が高く、短時間で新たな脅威に対してプロアクティブに対応することができました。関係者皆さまの参加と高いプロ意識に感謝します。」 ウクライナへの侵攻や新型コロナの大流行といった現在の状況を考慮すると、デジタルセキュリティとロックシールズへの必要性がますます明確になっています。国際社会はテクノロジーへの依存を高める中、悪意のあるサイバー攻撃者は公共、民間を問わず攻撃する動きを強めています。これに対して、Locked Shields演習では、現実的な攻撃シナリオに基づいて構成された演習環境の中で、最新技術を駆使して各国の代表チームを訓練しています。