クラウドサンドボックス分析

クラウドセキュリティサンドボックスは、強力で隔離されたテスト環境を提供します。この環境内で不審なプログラムが実行され、その動作は自動で観察、分析、報告されます。これは、ランサムウェアをはじめとするゼロデイ脅威に対して特に効果的です。

ESET Dynamic Threat Defense

クラウドサンドボックステクノロジーを搭載した高度な保護

Cloud sandbox analysis

Cloud security sandbox provides a powerful, isolated test environment in which a suspicious program is executed, and its behavior is observed, analyzed and reported in an automated manner. This is especially useful against zero-day threats, including ransomware. 

ESET Dynamic Threat Defense

Advanced protection utilizing cloud-sandboxing technology

ESETのクラウドサンドボックス分析ソリューションがお客様に評価される理由

容易に追加可能な防御レイヤー

企業ネットワークの外側に防御を導入することで、本番環境でのランサムウェアやゼロデイ脅威の実行を阻止します。

クラウドパワーの活用

このソリューションは、クラウドの巨大なコンピューティングパワーを利用して一連のテストを実行し、必要に応じて不審なファイルを隔離・分析します。

圧倒的なスピード

セキュリティ対策は一刻を争います。ESETのCloud Sandboxは、新規サンプルであっても5分以内に分析します。

一般的なユースケース

懸念事項

ランサムウェア?

多くの場合、ランサムウェアは無防備なユーザーのメールボックスにメールを介して侵入します。

懸念事項

標的型攻撃とデータ侵害?

新しい攻撃方法や未知の脅威が登場することで、サイバーセキュリティの状況は常に変化し続けています。

懸念事項

未知のファイルまたは疑わしいファイル?

従業員やITスタッフの元に、安全性が疑わしいファイルが届くことがあります。

ESETソリューションがお客様のニーズに最適である理由

ESET Dynamic Threat Defense - screenshot

クラウドサンドボックス分析

ESET Dynamic Threat Defense

クラウドベースのサンドボックステクノロジーを利用し今までにない新しいタイプの脅威を検出することで、Mail SecurityやEndpointなどのESET製品にもう一つ強固なセキュリティレイヤーを追加します。以下の機能により、企業のITセキュリティは将来にわたって強化されます。

  • 動作ベースの検出
  • 機械学習
  • ゼロデイ脅威の検出
  • ランサムウェア対策

ESET Dynamic Threat Defenseの特徴

ランサムウェアとゼロデイ脅威の検出

これまでにない未知の脅威を検出します。ファイルが送信されると、ESETは3つの異なる機械学習モデルを利用します。 

詳細レポート

管理者は、ESET PROTECTコンソールでESET Dynamic Threat Defenseのデータのレポートを作成できます。その際、事前定義されたレポートの1つを使用するか、カスタムレポートを作成するか選択できます。 

完全な可視化

分析された検体のステータスはすべて、ESET PROTECTコンソールに表示されるので、ESET LiveGrid®に送信されたすべてのデータの透明性が確保されます。

モビリティ

最近では、従業員が仕事をする場所はオフィスとは限りません。Cloud Sandboxは、ユーザーがどこにいてもファイルを分析します。

自動保護

エンドポイント/サーバー製品は、検体が良性、悪性、未知のものかを自動的に判断します。

プロアクティブな保護

疑わしいと判断された検体は、ESET Dynamic Threat Defenseによる分析を受けている間、実行がブロックされます。これにより、潜在的脅威がシステムに被害を及ぼすことを防止します。

高度多層分析の仕組み

Dynamic Threat Defenseは、提出されたすべての怪しいサンプルを隔離された環境で実行し、脅威インテリジェンスフィードが動作を基に評価します。静的および動的分析には複数の内部ツールを、ゼロデイ脅威の検出にはレピュテーションデータを利用します。サンプルを分析するために4段階のアプローチを採用していますが、既知の脅威は実行前にブロックします。

システム要件

  • ESET管理コンソールと同期されている、有効なESETビジネスアカウントまたはESET MSP管理者アカウント
  • ESET PROTECT クラウドまたはオンプレミスのコンソールノデプロイ
  • インストールされているWindows用の互換性のあるESETセキュリティ製品のバージョン7.0以降
  • インストールされているLinux用の互換性のあるESETセキュリティ製品のバージョン8.1以降
  • ESET Dynamic Threat Defenseの有効なライセンス、またはクラウドサンドボックスコンポーネントを含んだバンドルソリューションのライセンス
  • ESET Dynamic Threat Defenseライセンスのある有効なセキュリティ製品
  • 互換性のあるセキュリティ製品ポリシーでのESET Dynamic Threat Defenseの有効化
  • オープンポートのネットワーク要件

最高レベルの業界スタンダードを実現

業界アナリストからの高い評価

詳細をみる

AV Comparatives Real World Protection JUN 2020

独立系テスト機関での受賞

受賞結果をみる

ESET PROTECT Advanced is a leader in Small-Business for Endpoint Protection Suites on G2

世界中の顧客からの評価

レビューをみる(英語のみ)

クラウドサンドボックスソリューションの提供形態

ESET クラウドサンドボックス分析 は下記ソリューションに含まれています

ESETのクラウドサンドボックスで
ランサムウェアとゼロデイ脅威に対応


クラウドサンドボックス分析

搭載コンポーネント:
  • クラウド型管理コンソール
  • エンドポイント保護
  • ファイルサーバーセキュリティ
  • フルディスク暗号化
  • クラウドサンドボックス分析
  • メールセキュリティ
  • クラウドアプリ
  • エンドポイント検出と対応 (EDR)

エンドポイントだけでなく
クラウドアプリも保護


クラウドサンドボックス分析

搭載コンポーネント:
  • クラウド型管理コンソール
  • エンドポイント保護
  • ファイルサーバーセキュリティ
  • フルディスク暗号化
  • クラウドサンドボックス分析
  • メールセキュリティ
  • クラウドアプリ
  • エンドポイント検出と対応 (EDR)