業界アナリストならびにお客様からの評価

ESETのサイバーセキュリティソリューションは業界で広く認められており、主要なアナリストや独立系テスト機関、そして個人のお客様からも定期的に評価をいただいています。

業界アナリストの声

エンドポイントプロテクションプラットフォーム

ESETは、Gartner Peer Insights「Voice of the Customer」レポートで2019年Customers' Choiceに認定されたベンダーの1社です。

レポートのポイント
  • Gartner Peer Insightsは、Customers' Choiceを通じて顧客から最も高い評価を受けているベンダーを認定しています。
  • 「Voice of the Customer」レポートでは、エンドポイントプロテクションプラットフォームの購入サイクルに含まれる人々に向けて、ベンダーのレビューや評価、同業者の見解、得られた教訓などを総合的に紹介しています。
  • ESETでは、ESET Endpoint Securityが評価された理由は、導入のしやすさ、信頼性、ベンダー対応の早さ、テクニカルサポートの質の高さにあると考えています。
チャネル
Canalys Cybersecurity Champion 2020 award

ESETは、Canalysの2020年Global Cybersecurity Leadership Matrixで「チャンピオン」の地位を再び獲得しました。

レポートのポイント
  • Leadership Matrixでは、17社のサイバーセキュリティベンダーを対象に、過去12カ月間のチャネルおよび市場でのパフォーマンス、ならびにリーダーシップと変革能力を評価しました。
  • ESETは、チャンピオンの地位を獲得した7社のうちの1社です。
  • ESETは、Candeferoのベンチマークであるサイバーセキュリティ指標において、製品の入手しやすさと供給、ビジネスのしやすさの基準で最高評価を得るなど、全ベンダーの中で最高スコアを獲得しました。
エンドポイントプロテクションプラットフォーム

ESETは、「Forrester Tech Tide™: Zero Trust Threat Prevention, Q3 2020」レポートにおいて、エンドポイントセキュリティスイートおよびモバイルセキュリティスイートのカテゴリーで認定されたベンダーの1社です。

レポートのポイント
  • Forresterによると「ゼロトラスト(ZT)の脅威予防は、企業が顧客を獲得し、サービスを提供、そして維持するために重要」です。
  • Forresterはレポート内で、ゼロトラストの脅威予防テクノロジーを活用することで、セキュリティ専門家はネットワーク、アプリケーション、ワークロード、データ、サーバーの周囲に境界線をつくり、攻撃によって侵害される前に阻止することができると指摘しています。
  • ほとんどの企業の購入者は、個々のエンドポイント保護のポイント製品よりもエンドポイントセキュリティスイートを好みます。また、スイートベンダーが自動化された脅威予防/検出プラットフォームにも展開していることを踏まえ、この傾向が続くことを期待しています。
エンタープライズ検知/対応 (EDR)

ESETは、Forresterが29のエンタープライズ検出/対応ソリューションをまとめたレポート「Now Tech: Enterprise Detection And Response Q1 2020」に掲載されています。

レポートのポイント
  • 本レポートでは、EDR市場を「市場プレゼンス」と「機能性」の2つの要素に基づいて分析しています。
  • ESETは、代表的なエンドポイント検出/対応(EDR)プロバイダーに選定された29社のベンダーの中に1社です。
  • ESETは、優れたマルウェア対策機能、ハンティング機能、自動対応機能、スクリプタブルオーケストレーション機能により、エンタープライズアーキテクチャEDRセグメントに位置付けされました。
エンタープライズ検知/対応 (EDR)

ESETは、2021年もRadicatiのMarket Quadrantレポート APTプロテクション部門で「トッププレイヤー」に選定されました。

レポートのポイント
  • このレポートでは、ゼロデイ脅威や持続的攻撃の検出、防止、さらには修復する統合ソリューション群である「APT(持続的標的型攻撃)プロテクション」を調査しました。
  • Radicatiのトッププレイヤーは、「自社のテクノロジーと戦略的ビジョンで市場を形成する。ベンダーは一夜にしてトッププレイヤーにはなれない」と述べられています。
  • このレポートでは、プロセスやスクリプトの実行をはじめとするリアルタイムのデータレポート機能など、ESETの強力なEDR機能が詳しく解説されています。また、ESET製品の導入のしやすさ、使いやすさ、多言語対応などについても紹介されています。
エンドポイントプロテクションプラットフォーム

ESETがRadicatiの2020年Endpoint Security Market Quadrantにおいて3年連続で「トッププレイヤー」に認定されました。

レポートのポイント
  • レポートでは、機能と戦略ビジョンを基に17のエンドポイントセキュリティベンダーを評価しています。
  • ESETのエンドポイントセキュリティソリューションは、パフォーマンスと検出率の高さに加え、システムリソース使用量が少なさ、そして導入ならびに使いやすさが評価されています。
  • Radicatiによると、ESETエンドポイントセキュリティはWindows, macOS, Linuxなど異なる環境を有する企業の保護に適しています。
エンドポイントプロテクションプラットフォーム
エンタープライズ検知/対応 (EDR)

KuppingerColeの2020年Market Compass 2020において、高評価の数が3番目に多かったESETがEPDRユニバーサルカバレッジの部門で表彰されました。

レポートのポイント
  • KuppingerColeのMarket Compassは、エンドポイントプロテクションの検出/対応(EPDR)市場における市場セグメントとベンダーの概要を説明するものです。
  • レーダーチャートの9つの主な評価基準のうち、6つでトップスコアを獲得したESETは、評価対象ベンダー17社の中で3番目に多い高評価の数を記録しています。
  • KuppingerColeによれば、ESET製品には「MLを利用した高度な検出モデル、エクスプロイト防止機能、メモリ解析、検出しにくいUEFIやMFTルートキットを排除するアンチステルス技術など、マルウェアを検出し実行を阻止するための最新のアプローチ」が組み込まれています。
エンタープライズ検知/対応 (EDR)

ESET Enterprise Inspectorは、KuppingerCole Analystsの2020年Executive Viewレポートにおいて、悪意のある動作パターンを追跡する高度なMLアルゴリズムの利用法が優れているとして評価されました。

レポートのポイント
  • ESET Enterprise Inspectorは、「複数の高度なMLアルゴリズムを効果的に利用しており、企業内のすべてのノードで悪意のある動作の証拠を発見」できるEDRソリューションとして、Executive Viewレポートで特集されました。
  • このレポートでは、EEIの動作ルールのスコアリングシステム、および管理者向けの詳細な監査機能に対して肯定的な評価を与えています。
  • また、UEFIやMFTのスキャンに対応していることも、市場における競合との差別化要因として指摘しています。
エンドポイントプロテクションプラットフォーム
IDC logo

IDC MarketScape: Worldwide Mobile Threat Management Software 2020ベンダー評価レポートで、代表的なプレイヤーとしてESETが挙げられています。

レポートのポイント
  • IDCによると、「ESETは脅威リサーチの分野において、特にAndroidマルウェア検出と挙動検出に強みを持っている」ベンダーです。
  • さらにアナリストは「総合エンドポイントセキュリティモデルを中心に、包括的なセキュリティ製品と運用を求めている組織は、MTMに加えて幅広いエンドポイントとセキュリティ管理ツールポートフォリオを提供しているESETを検討すべき」と指摘しています。

独立テストで優れた結果を記録

ESETは、AV-Comparativesが初めて実施した「EPR(エンドポイントの予防と対応)比較レポート」において、Strategic Leader(戦略的リーダー)に選ばれました。

ESETは、2020年12月に実施されたAV-TEST Product Review and Certificationにおいて、「プロテクション」「パフォーマンス」「使いやすさ」の各カテゴリで満点を獲得し、最優秀製品賞を受賞しました。

ESET Endpoint Security 6.10は、2020年12月にAV-TESTが実施したテスト「ビジネスユーザー向け最優秀MacOSアンチウイルス」において、3つのカテゴリでそれぞれ6点満点中6点を獲得しました。

ESETは、AV-TESTのビジネスユーザー向け「2020年最優秀Androidセキュリティ製品賞」受賞の栄誉に輝きました。

MITRE ATT&CK® に最も多く言及され、情報を提供している企業のひとつ

ESETは、攻撃者の戦術と手法に関するMITRE ATT&CK® ナレッジベースにおいて、最も参照され、積極的に寄稿している企業のひとつです。ESETがこれまで提供した情報は、「ソフトウェア」と「グループ」カテゴリの「エンタープライズ」手法に記載されています。

最近では、AttorソフトウェアOkrumバックドアGamaredon GroupInvisiMoleなどに関するものがあります。ESETが提供した情報の全リストは、右上の検索ボタンに「ESET」と入力すると表示されます。
最も言及されているベンダーの1つであり、積極的に寄稿しているESETは、攻撃者に関する具体的な情報をセキュリティコミュニティとプロアクティブに共有すること、そしてお客様に最高の保護を提供することを約束します。

2020年のTrustRadius Tech Cares Awardを受賞 

ESETは、TrustRadiusから2020年Tech Cares Awardを受賞しました。この賞は、コミュニティ、顧客、現場の従業員に還元し、新型コロナウイルス感染拡大の時期を中心に、2020年を通して支援を行った企業を称えるものです。

ESETソリューションに対するお客様の声

ESET PROTECT Advanced is a leader in for Endpoint Management on G2

G2 Crowd リーダー賞

ESETは、50万人以上の認証済みユーザーで構成されるコミュニティG2 Crowdにより、エンドポイントプロテクションスイートのカテゴリにおいて継続的に「リーダー」に格付けされています。ESETは、使いやすさとサポートの質において特に高い評価を得ています。

ESET is one of the 2019 Customers’ Choices on Gartner Peer Insights “Voice of the Customer”

Gartner Peer Insights 「Customers' Choice」

2019年、ESETはGartner Peer Insightsのエンドポイントプロテクションプラットフォーム部門で「Customers' Choice」に選ばれました。178名のエンタープライズグレードユーザーがレビューを提供した結果、統合展開、サービスとサポート、評価と契約、製品性能を考慮したESET Endpoint Securityの総合評価は、2019年10月31日時点で5点満点中4.6点となっています。