多層防御の力

積極的かつスマートな技術に基づいたESETのマルチレイヤード(多層)アプローチにより、サイバーキルチェーンのあらゆる段階で迅速に脅威を検出し、すべてのお客様にエンドポイントテクノロジーとクラウド拡張テクノロジーを組み合わせたより強力で効果的な保護を提供しています。

総合的な精度

「ESET製品は、悪意あるURLのブロック、脆弱性への対処、正当なアプリケーションやウェブサイトの分類といった機能を兼ね備え、最高の結果を達成しました。」

2017年7月~9月 SE Labs ホームマルウェア対策防御

2017年7月~9月 SE Labs、ホームマルウェア対策防御、総合的な精度(%)

SE Labs は、確立された技術を用いた標的型攻撃、およびテスト時にインターネット上に存在するパブリックWebベースの脅威に対するマルウェア対策製品の有効性を比較するテストを実施しています。テスト結果は、製品がリアルタイムでこれらの脅威を検出および防御する際にどれほどの効果があったのかを示しています。

インパクトスコア

「ESETのビジネスソリューションは、当社のビジネスパフォーマンステストですべてのソリューションの中で最も低いインパクトスコアを達成するというすばらしい結果を示しました。」

2017年10月 AV-Comparatives 代表取締役、Andreas Clementi 氏

2017年10月 AV-Comparatives、パフォーマンステスト、インパクトスコア

リアルタイム保護のウイルス対策ソフトウェアなど、バックグラウンドで実行されるプログラムがシステムリソースの一部を使用するため、これらのテストでは、マルウェア対策ソフトウェアのシステムパフォーマンスへの影響を評価します。 これらのテスト結果を参考にして、ユーザーはシステムの速度(システムパフォーマンス)の点でアンチウイルスのプロテクションを評価することができます。

誤警報

「ESETは、使用したクリーンファイル群に対してまったく誤警報を出しませんでした。」 

2017年10月 AV-Comparatives、誤警報

2017年10月 AV-Comparatives、誤警報テスト、誤警報

誤検出(FP:フォールスポジティブ)は、ウイルス対策の品質を見る上でとても重要な測定値です。顧客からのFPレポートはたとえ1件でも、その問題の解決のためエンジニアリングやサポート業務に多大な時間を費やすことになります。

スパム検出率

「スパム群に対する性能を比較すると、ESETが見落としたメールは10件未満と際立っていました。」

2017年6月 Martijn Grooten、Ionuţ Răileanu、Virus Bulletin、VBSpam比較評価

2017年6月 Virus Bulletin、VBSpam比較評価、スパム検出率(%)

有数の独立系テスト機関であるVirus Bulletinは、各システムから数千もの電子メールをリアルタイムで送信し、スパム対策製品をテストしました。VBSpamのスパム検出率は、スパム対策製品が誤検知なくウイルスを検知する成功率を測定します。

パフォーマンス

「全体的な評価は、各テストの結果とPCMark スコアの組み合わせで行われます。」

2017年9月 AV-Comparatives、パフォーマンステスト

2017年6月 Virus Bulletin、VBSpam比較評価、スパム検出率(%)

マルウェア対策ソフトウェアは、作成、開く、コピーおよび削除などのファイルを管理する際の操作に影響を及ぼします。重いソリューションをより軽いものに置き換えることで、システムの操作性が向上し、システムへの影響が少なくなります。

長期ネットワーク負荷テスト

「このテスト結果は、ESETのビジネス製品がお約束通りネットワークシステムに負荷のない保護を提供しているということの確認にすぎません。」

2016年11月 AV-Comparatives 代表取締役 Andreas Clementi氏

2016年10月 AV-Comparatives、ネットワークパフォーマンステスト、長期ネットワーク負荷テスト(MB)

ネットワークを介した通信は、ビジネス環境においてその重要性がますます高まっています。 ビジネスシステム上のハードウエアと同様に、ネットワークの動作はビジネスデバイスの動作に影響を及ぼします。ESETは、このテストでネットワークへの影響が少ないことが認められました。