ITセキュリティの30年の進歩を祝って

過去の重要な出来事を振り返るのは有意義なことですが、最大の冒険はまだこれからです。下へスクロールして、サイバーセキュリティのリーダーESETと思いをシェアし、より安全な技術の活用(Enjoy Safer Technology)の仕方を世界のESETコミュニティに教えてください。ITセキュリティの次の30年の進歩と革新を一緒に作っていきましょう!

サイバーセキュリティの祭典

動画を再生し、30年のたゆまぬ進歩を称える世界中のESETオフィスの様子をご覧ください。

サイバーセキュリティの知られざる歩み

  1. プロトタイプ

    ESETの最も人気の高いウイルス対策ソリューション「ESET NOD32アンチウイルス」の原型は1987年に作成されました。

  2. 創設者による初めてのウイルス発見

    ESETの共同創設者であるPeter PaškoとMiroslav Trnkaが初めて発見したウイルスは「Vienna」と呼ばれました。

  3. STOPVIR

    オーストリアでESET最初の小売製品「STOPVIR」が発売されました。

  4. ESETという社名の誕生

    創設者たちは、エジプトの女神イシス(古代エジプト語ではアセト、スロバキア語でEset) にちなんで社名をESETとしました。

  5. 会社とITセキュリティ業界の基盤

    ESETは、ITセキュリティ業界の基盤を築き、アンチウイルスブランドとしても、旧共産圏のIT企業としても先駆的な存在となりました。

  6. Virus Radarの誕生

    サイバー脅威に関する最新情報源として人気の高いVirus Radarは、もともとスロバキアの大手日刊紙の一事業でした。そこからESETは、自社の技術と充実した研究チームが検出した脅威について、業界や一般向けに定期的に最新情報を提供するようになりました。

  7. NOD発売

    NOD32の最初の小売バージョンが「NOD iCE」の名前で発売されました。

  8. VB100テストに参加

    ESET NOD32アンチウイルスは、創設されたばかりのVirus Bulletinの比較テストに参加し、初めてVB100アワードを受賞しました。

  9. 高度なヒューリスティック技術

    製品群すべてに高度なヒューリスティック技術を採用しました。

  10. ESET LiveGrid

    ESET Live Grid(旧ThreatSense.Net)としてクラウドマルウェア検出システムを発表しました。同年、オブジェクトレピュテーション技術も開発しました。

  11. ESETが世界の半分を保護

    ESETの技術と製品は、世界100カ国以上で販売されており、地球の半分以上を保護していることになります。

  12. エクスプロイトブロッカー機能

    ESETは製品群にエクスプロイトブロッカーを導入しました。この機能は、一般に脆弱性を悪用されやすいアプリケーションを監視し、特定のCVE識別子だけでなく、攻撃手法にも注目しています

  13. エンドポイントセキュリティベンダーのトップ5入り

    2013年、ESETはIDCによりエンドポイントセキュリティベンダーのトップ5に選ばれました。同年、現代のマルウェアの重要な問題、すなわち難読化や暗号化の多用に対処する独自の技術として、アドバンスドメモリスキャナーを発表しました。

  14. Peter Szörアワードを受賞

    「Operation Windigo」に関する論文が評価され、第24回Virus Bulletin国際カンファレンスでカナダのESET研究チームが初めてPeter Szörアワードを受賞しました。

  15. ESET が上位5位に入賞

    2015年、Deloitteのテクノロジー企業成長率ランキング「中欧テクノロジーFast 50」で上位5位に入りました。

  16. ESETの従業員数

    2016年1月現在、ESETの従業員は世界で合計1,300人以上になりました。

  17. VB 100アワードを100回受賞

    ESET NOD32がVB100アワードを100回受賞した最初の製品となりました。